主人は神奈川県でマンションの経営をしています

私は主人と結婚して10年になります。主人の職業はマンション経営で現在はマンションを3件持っています。若いころは企業に就職し数年間働いていましたが、マンションの経営も忙しいので退職しました。現在はマンションの管理のすべてを主人が行っています。マンションはワンルームタイプが1棟と2DK、3DKタイプが1棟と2LDK、3LDKタイプが1棟あります。
ワンルームタイプは入居者の入れ替わりも激しいようです。ほかの2棟のマンションはファミリータイプなので比較的入れ替わりは少ないようです。現在3棟のマンションで空室は5部屋ほどあります。マンションの入居は春先が多いのでほかの時期に退出されるとしばらく空いてしまうことも多々あります。そのため収入も大きく変動します。マンション経営はとても大変です。
マンションを経営していると言うと羨ましがられますが、けっこう大変で経費もかなりかかります。やはり最近はきれいな物件でないと嫌がられるのでリフォームにもお金がかかります。もちろん借主に満足していただけるように頑張っています。ファミリータイプのマンションはシステムキッチンを利用していますし、分譲の物件に近い状態で貸せるように心がけています。そのためここに住んで良かったと評価してもらえることもよくあります。私はこのマンションを祖父から譲り受けました。せっかく祖父が築いた財産で建てた物件をこれからも大事に経営していきたいと思います。そして自分の子供に財産を残してあげたいと思います。

Leave a Reply