敏感肌に良い手入れ方法

毎年、新入の女子社員がはいる時期は男性社員は浮足立って、どこにどの新人がはいって、どの新人がかわいいと噂しあっていたことを覚えています。
やはり初々しさが違うのかと思っていると「新人の肌は水をすぐに弾くけど、君らの肌はすぐ吸い込みそうだ」とからかわれました。

本当に失礼な話ですが、あながち外れた指摘ではなかったのだと思います。
男性は意外と女性の肌を見逃していないのかもしれません。
肌は乾燥に弱く、血行が悪くなるとすぐにくすんできます。
また私は敏感肌なのでなおさら小じわとかさつきには気をつけなくてはならず、化粧品も通常なら肌に良いコラーゲン入りや美白成分入りを選びたいところが、かえって肌を刺激しすぎて真っ赤にはれてしまったこともしばしばです。
とはいえ育児に追われ、肌の手入れにかける時間がないのも事実です。
年齢とともに肌は変化し、どうしても20代で使用していた化粧品があわなくなります。
化粧品のメーカーを替える時は人一倍気を使い、常に肌にかゆみがないか、つけごこちは良いかを確認しました。
結局、高い値段の化粧品は刺激が強くてうけつけず、低価格のシンプルな化粧品で手入れすることが一番効果がありました。
さらに気をつけたいのが紫外線です、なるべく白めのファンデーションをつけて外出し、紫外線を吸収しないよう心がけています。
緑黄色野菜を食事で取りビタミンC、Eを摂取するのも忘れず、あとは規則正しい生活をするようにしています。

ここ何年か子供とともに早寝早起きをしているうちに、妊娠前よりは肌トラブルが少なくなりました。
意外と特別な手入れなくとも、日常のちょっとしたことを気をつけることで、敏感肌と上手につきあえるかもしれません。

Leave a Reply