相続税はここまでかかりません

に該当する事由がある場合を除いて 持家にするか、それとも、つまり、借家にするかという点であるよく、「持家のほうが将来、資産が残るから得だ」とも、「借家のほうが経済的な負あるいは担は軽い」ともいわれる。どちらが正しいのだろ … Continue reading “相続税はここまでかかりません”

土地のリースに人生を救われた

まちづくり交付金 家主がどのような借家人であるかを識別するには、家賃を上げるのではなく、いま述べたように、むしろ借家の広さを制限することによって、永住希望者、つまり借家をフルに利用しようとする人たちと、借家権の保護を必要 … Continue reading “土地のリースに人生を救われた”

相続がいつ発生するかわからない状況では

それはよろしかったですね これまでの章で、日本では土地を非常にむだに利用していることを説明してきたが、住宅についても同様である。非常にむだな投資をして、住宅を乱暴に扱っていることがわかる。せっかく造られた住宅ストックも、 … Continue reading “相続がいつ発生するかわからない状況では”

ホットスポットにする方法

建物譲渡特約付借地権 それを持家にすると、規模当たりの平均固定費用が高いために規模の利益が実現できない。これに対して、それを借家にすると、エージェンシー·コストを相対的に低くできるからである。ワンルームタイプのマンション … Continue reading “ホットスポットにする方法”